Q: 1年前に診察してもらって内痔核の1度もしくは2度で、まだ手術の必要はないと言われたのですが、以後も時々腫れて痛みも有りますし、出血も時々有ります。痔って治り切る事はないのでしょうか?
 
A: 内痔核は便秘・力仕事・アルコール・刺激物などが原因となってできた静脈瘤だという事は説明した通りですが、正常な静脈が一旦静脈瘤を形成してしまうと、二度と正常な静脈にもどる事はありません。ただ、1度や2度の程度の人は手術する程ひどくないというだけの事です。
ですから、治療をして一旦は腫れが引いても、日常生活で無理をすると、再び腫れて、痛み・出血として症状がでる事は何回も有り得ます。そういう意味で”治り切る”という事は有りませんが、その都度、保存的治療をすれば良い訳です。
 
 
Q: 私の場合は便が出にくいのが困ります。以前、他の病院で内痔核という診断を受けて薬をもらったのですが、一向に便が出易くなりません。イボ痔が肛門でフタをして排便の邪魔をしているせいでしょうか?
 
A: 内痔核がフタをして排便の邪魔をする事は有り得ません。便がでにくいのは大腸に問題があるからです。大腸の精密検査をして、どこかに狭い場所があるのか、大腸が長いのか、習慣性便秘なのか等といった事を検査する必要が有ります。